So-net無料ブログ作成
ファンタジー/ホラー/ミステリ ブログトップ
前の8件 | -

「夏草の記憶」(トマス・H. クック) [ファンタジー/ホラー/ミステリ]

8月以降にベッドと車椅子に縛りつけられた生活に移行した結果、読書量は激減してしまった。ベッド(あるいは車椅子)上で起きている時間は全て読書に費やせて十分読書時間は取れるだろうに、と思われるだろうが、違う(ヘルパーの介護に必要な吸取り紙用新聞紙を順調に供するため、毎日の新聞を〈新聞〉のまま〈後で読む〉状態に置いておくことが許されなくなり、毎日その日の新聞はすみやかに《新聞紙》に変換しなければならず、一通り丹念に読む私のかなりの可処分時間を費消するに至ったのだ)。

それでもそれなりには本も読もうと思った(それでなければ闘病の意味がほぼ失われる)。
図書館から借り出すことが困難になったので、借りてあった本は全部返し、予約登録してあったのは全てキャンセルした。1年近く待ってやっと順番が回ってきそうになっていたものも幾冊かあって泣く泣く…である。そして、家の中にある膨大な量の積ん読本から読む本を選ぶ事にした。本来借りてまで読むのではなく、元々こちらの消化からやるべきだったのではあるし。

で、適当に漁ってこの文庫本を選び出した。他意はなく殆んど行きあたりばったりの選書である。車椅子に乗った体勢でも手の届くところにあったのが実は大きかったりする。

  クックについては、大昔「緋色の記憶」を読んだことがあり、内容こそきれいさっぱり忘れているが、重厚な読後感で感銘を受けた記憶はある。池上冬樹氏が「クックを読まずして現代小説を語ることはできない」「クックを知らぬ人は小説ファンではない」などと、これまた大袈裟に推しているのだが、その言葉も頭の片隅に残っていた。

夏草の記憶 (文春文庫)

夏草の記憶 (文春文庫)

  • 作者: トマス・H. クック
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1999/09
  • メディア: 文庫

《 続きを読む 》


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「ヒトでなし」(京極 夏彦) [ファンタジー/ホラー/ミステリ]

京極夏彦を読むのは久しぶり。この作品は前もって借りようと思っていたわけではなく、図書館の棚にあったのを発見したもの。

ヒトでなし 金剛界の章

ヒトでなし 金剛界の章

  • 作者: 京極 夏彦
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/10/22
  • メディア: 単行本



 怪奇ではなく、現代もの(の方が私の好みに合っているような…「死ねばいいのに」が良かったように)。この作品では怪奇的現象は起きないが、タイトルからも察せられるとおり、かなり突飛な状況ではある。さすがは京極。

《 続きを読む 》


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「神秘」(白石 一文) [ファンタジー/ホラー/ミステリ]

 白石一文という作家は以前(9年前)「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」を読んで呆れてしまい、その後金輪際読む気は起きなかったのだが、事情が変わった、とでも言おうか?

神秘

神秘

  • 作者: 白石 一文
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2014/04/26
  • メディア: 単行本



 この小説のテーマが末期がん患者の延命策を求めての探索という、とても「身近に感じられるもの」であったのだ。しかし、読む前から、(タイトルからして)超常現象が起こりそうなファンタジー風味を醸し出していたので、ちょっと迷った。そんなバカバカしい物を読んでいる暇はないではないか?とも思った。がん関連ならば治療法や生活規範などについてのまっとうな論理を展開している良書がいっぱいあるだろうに、そんな理論書とも実用書ともつかぬ、いやエンタメであることは最初からわかっているこの小説を読む意味があるのか?と。しかも作者は一度見放した作家である。
 しかし好奇心に負けてしまった、といったところか。勿論自腹で買って読む気はしないので、図書館で借りて読んだのだが。

《 続きを読む 》


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「淵の王」(舞城 王太郎) [ファンタジー/ホラー/ミステリ]

第6回(2015年)Twitter文学賞国内編第1位。
 それを見るまで一度も聞いたことのない作品だったので驚いた。普通はベストセラーとか書評とかネットでの評判とかが先に耳に入ってきて、「あ、やっぱりこれが1位になったか」ということになるのだが、全くの初耳作品とは。
淵の王

淵の王

  • 作者: 舞城 王太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/05/29
  • メディア: 単行本



 もしかして組織的投票か?とも思ったが、実際読んでみるとなかなかすごい作品ではあったのでそのことはあまり気にはならなくなったのだけれど。(でもTwitter文学賞のサイトが更新されていないのはなぜだろう?もしかして疑惑が浮かんでいるのか?)

《 続きを読む 》


タグ:ホラー
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「天使の羽ばたき」(ポール・ホフマン) [ファンタジー/ホラー/ミステリ]

「神の左手」「悪魔の右手」に続いてようやく、ついに堂々の三部作完結!

天使の羽ばたき

天使の羽ばたき

  • 作者: ポール・ホフマン
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/11/21
  • メディア: 単行本


《 続きを読む 》


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「去年の冬、きみと別れ」(中村 文則) [ファンタジー/ホラー/ミステリ]

中村文則の作品で読むのは「掏摸」に続き、これで2作目。結構評判になったようで、図書館でオーダー後かなり(約1年)待たされた。長編にしては短い(むしろ「中篇」と呼ぶべきか)のですぐ読み終わった。

去年の冬、きみと別れ

去年の冬、きみと別れ

  • 作者: 中村 文則
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2013/09/26
  • メディア: 単行本


《 続きを読む 》


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「フランケンシュタインとは何か―怪物の倫理学―」(武田 悠一) [ファンタジー/ホラー/ミステリ]

 最近、NHK・Eテレで放映された名著41「フランケンシュタイン」:100分 de 名著が面白いと、Twitterでバズっていた(それをまとめたTogetterはこちら)ので読んだ、というわけではない。あの番組、録画してあるが例によって「積んdisk」の殿堂入りしていて未見なのだ。orz なので、図書館内を散歩していてたまたま目について借りてきただけ。

フランケンシュタインとは何か: 怪物の倫理学

フランケンシュタインとは何か: 怪物の倫理学

  • 作者: 武田 悠一
  • 出版社/メーカー: 彩流社
  • 発売日: 2014/09/09
  • メディア: 単行本


《 続きを読む 》


タグ:SF ホラー
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「掏摸」(中村 文則) [ファンタジー/ホラー/ミステリ]

随分前から目にはついていた作家だが、中村文則を読むのは初めて。この小説はウォールストリートジャーナルの2012年間ベスト10小説に選ばれたりと評判になったらしい。日本(大江健三郎賞受賞)よりもむしろ海外でウケているようだ。
 最近の「去年の冬、きみと別れ」という作品が図書館で凄い待ち行列で待たされるので、こちらをオーダーしたらすぐ借りられた。

掏摸(スリ)

掏摸(スリ)

  • 作者: 中村 文則
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2009/10/10
  • メディア: 単行本


《 続きを読む 》


タグ:ミステリ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の8件 | - ファンタジー/ホラー/ミステリ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。