So-net無料ブログ作成
検索選択

「村上春樹は、難しい」(加藤 典洋) [ノンフィクション]

前にも書いたか忘れたが、私は村上春樹は読まない人間である。その理由は《只の天邪鬼》で、やたらと売れすぎているのが気に食わないという、それだけの馬鹿らしいアホ丸出しの理由である。これじゃ、年末の例のシーズンになるたびに、どっかの店に集まって今年こそ受賞を!と馬鹿騒ぎしている軽薄な連中とほとんどレベルは変わらないだろう。

村上春樹は、むずかしい (岩波新書)

村上春樹は、むずかしい (岩波新書)



 そんな私がなぜこのような本を読む気になったのか? 今更宗旨替えをして村上の読者になろうというのではない。むしろ逆で、このまま読まずにいてもいいように(何しろ、これ以上読むべき本を増やしたくないのだという切実な事情もある)、それを確認するため、あるいは内容の実態を少し詳しく把握して「読まなくてもいいとした本棚」の見通しを少し明るくして安心感を得たいというのもある。

 そういう目的にはうってつけの本だ。何しろ書き手が凄い読み手だし。
 処女作から始まって、短篇含め全ての作品のあらましと位置づけを明解に行っている。これは単純に言っても「便利な」本!

 村上春樹という日本文学史上決して軽んじてはならない作家の軌跡を辿り、そこに込められた心情、思索の跡を検証する。実の読み応えのある分析だった。
 これで当初の私の目的は達成できた。ありがたい本だった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。