So-net無料ブログ作成

「言霊」(石牟礼 道子、多田 富雄) [ノンフィクション]

言魂

言魂

  • 作者: 石牟礼 道子、多田 富雄
  • 出版社/メーカー: 藤原書店
  • 発売日: 2008/06/18
  • メディア: 単行本
なんという言葉の力!なんという強靭な精神!
 多田富雄氏は脳梗塞の後遺症での右半身麻痺と嚥下/構音障害、さらに襲った前立腺癌の放射線治療の苦痛に苦しむという凄絶な闘病生活の中、パーキンソン病を病む石牟礼道子氏と往復書簡を交わしていた。2006年春から2年間、交わした本数は各5通の計10通。血のにじむような執筆のため、休み休み、間隔は長く、平均間隔は2ヶ月半。
 境遇は異なれど、病と、また強大な社会悪と闘い、一方で深遠な芸術の世界への理解と人々への慈愛の念で共感しあう、その二人の言葉の重さ、深さは途方もない。圧倒される思いで読み終えた。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。