So-net無料ブログ作成

お尻の正しい拭き方 [実用]

と言っても他人の尻拭いのやり方などという高尚な話ではなく、極めて即物的な尾篭な話で恐縮だが、意外に知られていないのではないかと思って書く。「前から拭くか、後ろからか?」という、よくある話ではない。

 パンツに便の汚れが付かないようにするための「お尻の拭き方」である。

 別におもらしをしたわけではなくても、パンツの肛門に接する部分がいつもうっすらと黄色く汚れる、(いわゆるウンスジ)という人は多いのではないだろうか? 実はかく言う私も長年そうであった。

 それが、ある機会にやり方を知ってから、一切汚れることは無くなったのである。

 まず、なぜ汚れるか、の理由を示そう。

 汚れる人の拭き方は、排便後、肛門をぎゅーっと締めた上で、表面を紙で拭く、というやり方である。ま、確かに、事が終われば、肛門様にはしっかりと退場していただいて、菊の御紋も小さくなるのが当然であるからして、無理もないやり方ではある。

 しかし、ここに盲点があるのだ。肛門括約筋というものは、排便時以外は常にギュウッと締まり続けているものではないのである。呼吸や姿勢、動作、発声、気分などの体のほかの部分の変化に応じて、わずかではあるが緩んだり締まったりを繰り返しているのだ(特に放屁時など)。謂わば「あそび」があるのである。

 さて、紙で拭くときに最高限度まで締めきった上で、表面に出ている部分だけを拭いた場合、その内側には拭かれない部分が残る。これが、上記のような肛門の緩みの際に表面に現れ、パンツに触れて、結果汚れるのである。簡単明瞭な動きではないか。

 ではどうすればいいか?

 拭くときに、肛門をゆるめに開け、紙の上から指を差し込むようにして中まで拭き取る。これだけである。(別に指先で「の」の字を書いたり、指自体をねじ回しのように回転させたり、ピストン運動をさせたりまでする必要はない。単純に1cmくらい押し込んで抜くだけで良い。)

 私がこの方法を見出したのは、痔にかかって軟膏を患部に塗布するために肛門の中に指を入れるという、それまでは想像を絶するとんでもない行為が、意外に普通に行えるということを知ったためである。

 指を入れるといっても、せいぜい1センチくらいの僅かなものである。これをやったからと言って「A感覚」に目覚めてしまう、という危険はないのでご安心の上、試されたい。

 これと併せて、小用のときにも、紙で拭くことを加えれば、パンツを毎日替えて洗濯する必要も無くなり、地球に優しいことになるので、ぜひとも実践して頂きたいものである。


nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 6

コメント 7

Nice!
笑いました。
by (2008-01-08 19:42) 

ask

おーっ!
書いて1年3ヶ月。1211回目の閲覧で初めてnice!とコメントを頂きました。
ありがとうございます>たんたん♪
by ask (2008-01-08 23:28) 

peco

尻の拭き方は二通りに分れる、と小学校の授業で習いました。前から拭く「前派」と後から拭く「後派」。
女の子は前が肝心要だからイヤでも後から拭きなさい、と、当時の担任教師は仰っていました。そして現在…私は見事に後派になりました。こちらの記事の通り、今度は後・指差し込み派になって、地球にも自身にも優しい存在で在り続けたいと思います。ビバ宇宙船地球号。
by peco (2008-09-08 16:33) 

ask

>二通りに分れる、と小学校の授業で習いました。
ひぇえ! 最近(って何年前か知りませんが)の小学校じゃそんなことまで教えるんですか!
 家庭での躾・教育力が落ちて来たため、学校にその役回りが課せられている、とか聞きますが…。

>今度は後・指差し込み派になって
おぉ〜、同志が一人増えた。嬉しい!
by ask (2008-09-08 23:21) 

ガガガイコッツ

はじめまして

「アクセス上位記事」に挙がっていたので・・・・・
なかなか面白い記事ですね。
ウェブサイト内でこのような記事を扱ったサイトは数少ないと思います。
パンツにウンスジ。
ウォシュレットと言う便利?な物が無い時代では、多かっただろうと思います。
昔、夏場、朝排便を済ましてきた者のズボンの上に鼻を当てがい、肛門臭がするかどうか確認するというバカげた事をしたときの結果、薄着であるのと汗が混じったりで、殆どの者が納豆のような妙な悪臭を発していました。
特に太った方は、股ずれなどの生理的現象からか余計臭っていました。
食べるものやストレスや持病なんかにもよるでしょうけれど。
肉食系のネコの便臭は格別だから。
ボットントイレ、人糞肥の臭いに比べればマシなほうで、誰もが発しているのだから別に恥ずかしくはありませんでした。
汚れが一切無いのなら、下着など要りませんよ!
で、公衆トイレなどでたまたま別人が隣のボックスに入っていると、何を慌てているのかすごい勢いでガラガラ音を立てペーパーを引き取り、肛門とペーパーの摩擦音が聞こえるほどゴシゴシ拭いたかと思えばそれを2,3回繰り返し、 小便を済ます程度の2,3十秒の速さでズボンを上げる仕草音がする事があります。
それがいけないのです。
ゴシゴシ擦ると、便カスがあちこち移動し思わぬ所に付着したり、ペーパーがめくれて細かい紙カスが付着したりて、汚れや臭いの原因となったり、下手すれば肛門を切る恐れさえ有ります。
そこで、時間が掛かりますが、肛門を押さえるようにします。
便が肛門の奥へ便が追いやられるように思うが、ゴシゴシ擦るのも同じで、元々排便後は肛門の奥に便が残るのは当然であって、可能ならば、2センチ奥へ、いや十センチ奥へ指入れして拭いたところで便が付着してくるのは当たり前であろう。
何度も押さえ、便の付着が無くなったら、軽く3~5ミリ程度紙の上から指を差し込むようにして押します。
着かなくなったら、最後に軽く前後拭きします。
気張りすぎて脱肛気味とときでも押さえることで締まりが良くなるし、出血することもありません。
外出先でウォシュレットが使えない、誰のケツを洗ったのか解らないようなウォシュレットを使うのなら紙拭きしたほうがマシだとウォシュレット嫌いの方なんかは一度お試し有れ。
by ガガガイコッツ (2010-02-07 19:47) 

ガガガイコッツ

:追記:
小中学生の頃、体育の授業で水泳の時の着替えで、あいつのパンツ、ウンスジ付けている、あいつも、汚いなぁ・・・と言っている本人でさえ付けていた、と言う事が有ったとは思いますが、こんなのは子供の単なる悪ふざけで、大人が階段を登っているときに後に居る者が接近してきて、お前のケツ臭いな、と嗅ぎに来る者も居ないだろうし、パンツを汚している事など他人には解らない。
そんなことより、おしゃべり時に平気でつばを飛ばす者、歯に食べかすをくっつけている者、鼻毛が見え鼻くそを付着させている者、化学薬品臭がする香水や頭髪剤をやたら臭わせている者のほうが余程不潔と思います。
by ガガガイコッツ (2010-02-07 21:14) 

ask

ガガガイコッツさん、いらっしゃいませ。長文コメントありがとうございます。
そっち方面の造詣の深さが偲ばれる味わいのある文章でなかなか香気に満ちておられます。感服しました。
>ウェブサイト内でこのような記事を扱ったサイトは数少ないと
 そうなんですか? いや実際私も見てはいないんですが、下ネタというか、悪趣味なブログってのは一定程度存在するんじゃないか、と思うんですが。観測範囲の問題かなぁ?
 ところで、なぜか今日のアクセス解析ではこの記事、20人以上に読まれてるみたいで、前代未聞です。一体何が起こったんだ!
by ask (2010-02-07 23:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。